現在のタブレット市場
今は AppleのiPad シリーズとGoogleのAndroid搭載モデルが主流。
国内では、2010年からAppleが連続でメーカー別出荷台数一位を維持し、一方、Androidは、国内メーカーが大分 撤退してしまい、NECなど僅かで、代わりに 格安であったり、高機能な中華製が続々登場。
タブレット市場が以上のような活況を呈している。
entry from

タブレットがあれば…
タブレットがあれば、遊びも仕事も快適!

今なら5万円以下でタブレットが買えるのが普通ですね。
ノートパソコンとスマートフォンの中間に位置し、
スマホより画面が大きくて処理能力も高く、ノートパソコンより軽量で持ちやすいというメリットを備えている。

是非、使い方のコツを掴んで、日常の様々なシーンで役立てたい物ですね。

続編に続きます。
entry from