仲春
3月6日、二十四節気の一つ啓蟄に入った事も忘れ、
21日に春分も近づいている。

啓は「ひらく」蟄(ちつ)は土中で冬ごもりしている虫の意味で、
大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ穴から出てくる頃。

一雨ごとに気温も上がり春の暖かさも感じられる。
二十四節気においては2月・3月・4月を春と定義しています。 春の真ん中ということで、おおよそ3月が仲春の候 になる。

沖縄は午前6...[続きを読む]
entry from
日記名 : sakura1205's diary
サイト名 : sakura1205