所謂 従軍慰安婦の捏造はこうして始まった。

所謂 従軍慰安婦の捏造を広めたのは利己主義な作家(吉田清治)が知られるところだが、他に日本人弁護士たちと、捏造話を掲載し続けた朝日新聞でその責任は重い。
当時、朝日新聞の記者だった植村隆の義理の母親が韓国人で訴訟原告団の団長だった。そのため植村の記事は誤報でなく意図的に挺身隊と慰安婦をゴッチャにして捏造した疑いが濃い。
そして悪質なのは高木健一(弁護士)と捏造話を指導したりテレビで嘘を垂れ...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary

軍艦島、荒唐無稽な印象操作 別の炭鉱写真使用…韓国テレビ、誤り認める
韓国人が軍艦島で炭鉱作業において強制労働を強いられたとする写真が、実は明治の日本人による別の炭鉱にて炭鉱作業風景の画像を使用されていたことが判明して、韓国テレビが認めました。

馬鹿ン国ですわ。迷惑至極。

記事元で詳しく読む
↓↓↓↓↓↓↓

【記事】
●軍艦島、荒唐無稽な印象操作 別の炭鉱写真使用…韓国テレビ、誤り認める
entry from
日記名 : sengoku's diary