“強制徴用"の神話
韓国の学者 李宇衍(イ·ウヨン)さんの講義です。これまで韓国で教えられてきた歪曲された歴史が見直されることを期待して動画を貼ります。

“強制徴用"の神話

【日本赤十字社 平成30年北海道胆振東部地震災害義援金】 受付開始しています。
【日本赤十字社 平成30年7月豪雨災害義援金】 受付開始しています。
entry from
日記名 : sengoku's diary

日本総領事館前に「徴用工像」を設置へ 釜山で警察が阻止も、市民団体は強行の構え
日韓併合時代は朝鮮人も大日本帝国の国民だったのです。 第二次世界大戦中に日本(大日本帝国)が日本統治時代の朝鮮において補助的に朝鮮人労務者を1944年9月から「動員」労務動員・徴用したことを現在の韓国人が強制連行されたとして徴用工像を建てようとしていますが、「強制連行」がひとり歩きしています。 当時は国家総動員法で日本人も当時は日本人であった朝鮮人も同じく動員されたのです。

【記事】201...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary

【目を覚ませ韓国】初代大統領・李承晩に歴史ねじ曲げた大罪 反日強制、自己政権を正当化
戦後に韓国の歴史が捻じ曲げられていることが日韓の隔たりをつくっている内容の記事です。 シャツ1枚買うにしても理由があります。 防衛上の要である大韓帝国(旧韓国)に欧米と肩を並べる国になってほしかっただけです。
日本が日清戦争で「朝鮮を開放」して大韓帝国となりました。 しかし、優柔不断で自立心に乏しく、他国の力を頼りにしてばかりで自力で自国を護る力も無かったのです。 ですから後の日露戦争の発...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary

【目を覚ませ韓国】近代化のため日韓併合推進した李氏朝鮮 それぞれが生き残るために選んだ「マイナスの選択」
日清戦争(1893〜1895)で日本が勝利。 そして朝鮮を開放して国号が大韓帝国(1897)になりました。 しかし、大韓帝国(旧韓国)に力が無さ過ぎで、大韓帝国と日本が隣接していることもあって(日本の防衛上の要から)、南下政策のロシア帝国から日本が犠牲を出してまでも大韓帝国を護る必要があったのです、それが日露戦争(1904〜1905)です。 日英同盟にも助けられて日露戦争に勝利。 韓国は国際...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary

元徴用工のチェ・チャンソプ氏(87)が映画「軍艦島」の虚偽指摘・・・
元徴用工のチェ・チャンソプ氏(87)が映画「軍艦島」の虚偽指摘「映画には想像が多い」「日本人は遺体を送還しよくやった」

【記事】2017.8.18 21:38 
「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(柳昇完(リュ・スンワン)監督)が韓国で上映中だが、軍艦島で実際に徴用工として働いたという韓国人男性が韓国メディアに対し、映画の内容が実際とは異なり誇張されて...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary

日韓併合の目的を考える。
はじめにF1レースで皆さんがご存知のモナコがありますが、モナコは世界で2番目に小さくて、他国から攻められたら持ち堪えられません。 
フランス→イタリア→ドイツがモナコを背景に侵略を繰り返しましたが現在は、保護国です。

日韓併合も同じで、「保護目的を含む」、そして日本を防衛する上にも必要だったのです。
と言うのは、少しだけ【日本と韓国の地形を考えてください。】

日本と韓国は、とても近く隣接...[続きを読む]
entry from
日記名 : sengoku's diary