あるJKの片想い その14
……追いかけてたよ
付き合った人はあのときも
何人かいたけれど

あなたを追いかけていたんだ

叶わないのを知ってて
会う力がないのを知ってて

まだ社会も知らずに
自分で稼ぐ力も殆どない私が

まるっきり大人のあなたが
いないとダメになってしまったんだ
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その13
幸せそう。 

いいなぁ。

幸せになあれ!!♪

…って。

無理やりいい人ぶる。
強がる。

あなたは遠いし、そもそも歳が離れてる。
私なんて眼中にも無いだろう…。

近くに住む、他の人と手を繋いで
抱き合うのは
所詮さみしいから。

あなたは大切な人がもういるし、
守ってあげて欲しいし
そもそも現実的じゃないよね。

子供が思うことじゃ、ないか…。
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その12
その言葉が

私に向けたものなら
いいのに・・・

何度思ったかなぁ・・
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その11 いつの日かあなたと
少し位大人になってからでも良かったから

いつの日かあなたに愛されたかった  

いつの日かあなたに会いたくなった

いつの日かあなたと同じものを見たくなった

いつの日かあなたに触れてみたいと思った

いつの日かあなたと口づけを交わしたいと思った

いつの日かあなたと抱き合いたいと思った

いつの日かあなたとずっとそばにいたいと願った
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その10
あの頃

私は

Mailも覚えたてで
やっとPCや携帯の使い方を覚えて

多分周りより遅れた女子高生だったと思う

口づけの仕方とか
体の重ね方さえも、大人ほどは全然知らないのに

貴方を愛してしまっていた

貴方がおそらく
他の誰かと激しく愛し合ってるかもしれない間に

バカなんじゃないかと
本気で自分に嘆息をつき続けていた
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その9
ケータイを持っていなかった私は
部屋に繋いだPCで
外の人とコミュニケーションをしていた

その頃、今のLINEみたいなものもあって
よくあなたと話していた

ローマ字入力が主な私は
いつもあなたと会話する中で
思わず
『SUK_』と
入力しかけていた

でも
・・・・・そうだった

私は・・あなたにとって
そうなるべき存在じゃない

恋人もいる貴方を
貴方の幸せを
奪う権利は一つもない
...[続きを読む]
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その8
並んで歩きたい…

背が高そうなあなたと。。
年が離れたあなたと。。

想いを伝えたら
ただの16歳じゃなくて
一人の女性として
真剣に愛してくれますか?

だけど聞けない。
...私なんてただの…
なんにもわかってない子供。

しかも愛する人が他に居るあなたに
伝えられる筈なんかなかった…
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その7
大切な人がいるくせに

年の離れた私に構うなんて
この人、なに考えてんだろう?

……でも
ナンパをするわけでもなく
未成年に手出しをしようとするわけでもなく(犯罪だけど)

ただいっつも
優しく優しく包み込んでくれていた

いつしか私は
あなたの優しさに
自然と甘えるようになっていった
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その6
お互いに
朝の出発の時間を把握しあっていた

あの頃から

どちらかが
先に家を出るなら
「いってらっしゃい」
「今日もがんばろうね」
「気をつけてね」
なんて
毎日のように送り合っていた気がする

年齢も
住む場所も
離れているけれど

今日という日が素敵な日になりますように

そう願って、お互いにこんなメッセージを送り合ってた
高1の半ば辺りから

朝の大切な儀式だった気がする
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その4
……上手くいってるのかな?
あのふたり…

大好きだったあなたを
思い出す時間は
いつしか涙を我慢する日々

幸せになっているといいな…
許されない…二人だとしても
私は、二人を許したい
誰もが二人を許さなくても

私だけは赦したい…

愛していたから
幸せになっていてくれたら……

そんな事を考え始めてしまっていた
高2の秋
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その3
…あなたとだんだん
話せなくなってきた高2の半ば

……胸の奥が苦しくなることがあった

告白してくれた、
別の人とも幾らか
付き合った

けれど

あなたへの想いが強すぎて
断ち切れなくて

……虚しさだけが残る日々だった
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い その2
でも、ふたりきりのときは
私だけを見ていてくれる?

勿論、
私にも優しい彼女から

あなたを奪おうとなんかしないから。

……お願いだから
これ以上、私に…
優しくしないで……

もっと、もっと
愛してしまうから…
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0

あるJKの片想い
優しい彼女に
優しいあなた

とってもお似合いだよ

…幸せな2人の、
幸せを願うしか、

私には出来ない…

いい子ぶってると言われても
それでいい
自分に嘘をついていても
それでいい
entry from
日記名 : Dear…
サイト名 : a1vvv-0