悦び爆発、力得たヒト少なからず 大相撲大阪場所


悦び爆発、力得たヒト少なからず 大相撲大阪場所
 昨夕打ち上げた大相撲大阪場所の千秋楽.
 優勝した新横綱は<君が代>唱和中、涙していました.メディアも好意的.
 「新横綱、最高位の責任果たす」「奇跡の逆転優勝」.

 NHKG 19:00台のニュース.最初に女性アナが「感動しましたー!!」.
 同じくエンドには男性アナが、「感動を与えてくれました」.

 早々に最強横綱が休場.
 残り...[続きを読む]
entry from
サイト名 : freehand2007

前田汽船 明治27年


前田汽船
 明治27年は日清戦争が始まった年です.「日清戦争の汽船徴用で海上運輸途絶、道内物価騰貴・経済不況」と、指摘されました.

 その時期に、「前田汽船会社が開業し、函館―釧路―霧多布間定期航路を開設」します.

前田栄次郎
 開設者です.前田が新会社を創設.この結果、「函館の能登善吉も汽船運航を始め、日本郵船と金森商船も交えて4社の競争となる」(『釧路市統合年表』 2006年)わ...[続きを読む]
entry from
サイト名 : freehand2007

160215 「売家と唐様で書く-前-」
160215 「売家と唐様で書く-前-」 No452
 江戸時代中期の川柳です.「売家と唐様で書く三代目」.
 聞いたことがありますか?.「売家」は<身代をつぶすこと>、「唐様 からよう」は<漢字、しかも中国風書体>で、「売却します」の貼り札をすることです.

そう言われてみると北條、足利、徳川や本願寺は3代目に傑物を輩出、8代目は<中興の祖>と<刮目=かつもく>されています.
自営業...[続きを読む]
entry from
サイト名 : freehand2007

教王護国寺文書 赤松俊秀
 『教王護国寺文書』が「東寺百合文書」を紹介していると、最初に知った.その編者が、赤松氏であることも承知していた.

 吉川弘文館の人物叢書に、『親鸞』を記載して『鎌倉仏教の研究』や、その後の『続鎌倉仏教の研究』が基盤になっているのかと、思うようになった.

 モノごころついたときには、京都大学教授の肩書きであったから、国立大学で宗教思想史専攻も希有のとと、おもっていたが.

 赤松俊秀氏が...[続きを読む]
entry from
サイト名 : freehand2007