統計学 序論 始めるに当たって
編集

統計学は、経験的に得られたバラツキのあるデータから、応用数学の手法を用いて数値上の性質や規則性あるいは不規則性を見いだす。統計的手法は、実験計画、データの要約や解釈を行う上での根拠を提供する学問であり、幅広い分野で応用されている。

英語で統計または統計学を statistics と言うが、語源はラテン語で「状態」を意味する statisticum であり、この言葉がイタリア...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3

統計の威力とかの見通し


リンク統計の威力-Newton・・・書評のブログのリンク先です。
エクラの日記/コラムのカテゴリ コラム・統計も既に5つの記事を書きましたが、統計の威力の記事が全体の残りが半分以上あるようです。
9記事とインタビュー記事が1つあるようです。
一般向けの記事となっているので、私個人も勉強のつもりで、以前と同様 evernoteを駆使したりして 手法を楽しみながら、分かりやすい記事を目指し...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3

知らなきゃ ビッグデータとは?
次の超入門のリンクを参考にしてください。
こちらリンク先です。
関連記事も読むといいでしょう。続きものとなってますから。

ここ何年かで 大変な量になっているのですね。
ビッグデータでできることを見極めて 活用していくことが大事でしょうね。
これからは 必須のアイテムになるのでしょう。
今から 基礎を身につけておくべき物だと思います。

一緒に勉強していきましょう(*^_^*)
entry from
サイト名 : enmasama3

統計の威力 その4~捕獲再捕獲法
「外来魚は今の排除方法で本当に減っているのだろうか。湖に、外来魚はあとどれくらい生き残っているのだろう」

アメリカの対策チームは、「捕獲再捕獲法」という統計手法で、マスの一種であるレイク・トラウトの個体数の推定に取り組んでいる。

一部の魚を生け捕りする。標識をつけた魚を放つ。よく混ざったところで、一部の魚を捕り、個体数を推定する。

標識のついた魚が10%で10匹いると、全体では100匹...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3

統計の威力 その3~相関分析・回帰分析
今年のぶどうは、10年後、いくらのワインになっているだろうか?
統計を駆使すると、
まず、ワインに関係する要素から、価格に大きな影響を与える四つの要素がある。
それは、原料であるぶどうが作られた年の「4~9月の平均気温」と「8,9月の雨の量」、そして「収穫前年の10月~3月の雨の量」、「ワインの年齢」だった。
これらの要素とワインの値段の「散布図」を描き、2種類の要素に対する「相関関係」が調...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3

統計の威力 その2~データマイニング
様々な来店客のレシートから「ほかの商品と一緒に買われやすい商品」を探す分析手法がある。
リンクのように 1から4へと 上手くデータを整理すれば、役立つ情報が引き出せる。
この手法をさらに発展させた手法に「データマイニング」がある。
コンピュータで大量のデータを処理分析している。
これの活用例が アメリカのスーパー「ターゲット」のクーポン、「ウォルマート」の天候分析も取り入れた、ハリケーン直前...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3

統計の威力 その1
ハンス・ロスリング博士「統計なしに、世の中は理解できない」

”統計の達人”の博士は語る。
「統計は、『説明の技術』です」
国連や政府機関、TV番組で、国際情勢や貧困問題などをデータとグラフを駆使してわかりやすく解説し、「データに基づいて世の中を理解する重要さ」を訴える活動を行っている。
また、統計を使って、アフリカで発生した病気の原因を突き止めた。

[統計の役割]
○ 身の回りの現象から...[続きを読む]
entry from
サイト名 : enmasama3