筒状の洞窟


このサイトを創造して10年の月日が流れた。

ここは筒状の洞窟のようなサイトなんだと思う。

なぜなら現実や日常を描いていないからである。

そして、時は流れた。

今やブログやSNSで充分に表現は足ると思う。

そう思いながら、これを描いている。

ハンディキャップや痛みを背負う人達が増えた。

自分も訳や痛みで孤独に見えるかもしれない。

人生なんてそんなものだよ。

どこかでそん...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

45度の美学


 【45度の美学】

 静寂なる時

 聖なるものは宿る

 だが それはそこに

 留まりはしない ‥

 愚かにも 賢くとも

 人生は短く儚い

 諸行無常なるもの

 人さえ人に留まらぬ

 誰もが忘れた頃

 そう気づくものである

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

1枚のコイン


 【1枚のコイン】

 意識的なポジティブ・ネガティブ論は

 1枚のコインの表と裏に過ぎない ‥

 ならば 自然体で意識しなければ いい

 気にしなければ なおいい

 忘れてしまえば さらにいい

 けれど 人に迷惑をかけては駄目だ

 寛容で明るい人は それだけで美しい ‥

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

偶然の確率


 【偶然の確率】

 偶然とは必然のなかに

 既に宿っている欠片ではないだろうか ‥

 なぜなら 必然的に発生する出来事には

 あまりにも多くの偶然的要素が

 堆積しているように思えるからである

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

俯瞰と乖離において


  【俯瞰と乖離において】

 時代の加速は民主主義にあったはずの

 社会的なモラルを軋ませ捩じ曲げる

 故に個人主義の延長線上にあるものは

 多種・多様なる価値観の混在と羅列かもしれない

 民主主義と資本主義の矛盾の歪み

 世の中いろんな人がいるから面白いと思いはするのだが ‥

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

ネットの世界から


 【ネットの世界から】

 インターネットの世界が

 匿名性の高い 人間性の希薄な空間ならば

 それは逆説的に ある個人の本質(本性)を

 あるがままに鮮明に映しだす鏡ではないだろうか

 人としての心は大切にしたいと思う ‥

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

希望のかたち


 【希望のかたち】

 「競争」はスポーツに

 「退屈」はアートに

 私はただ「共生」と「平和」を望んでいる ‥

 ( 午前3時 ‥ 眠れぬ夜に 。 。 )

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

Divinity & Infinity


【 Divinity & Infinity 】

 諦観なる原理哲学と

 神話に到る魅惑的な

 美学の対極と融合 ‥

 その循環宇宙での

 構造力学と現象全般の表現

 それが芸術であり

 そのすべてが魂の塊なのである

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

芸術の糸口


 【芸術の糸口】

 人類にはどうして芸術が必要なのか ‥

 それは人間の真髄において

 自己の神通力の表現を望んでいるからである  

 ならば なぜ 花は咲く ‥

 それはゆっくりと 吹き流れゆく

 風に尋ねれば いい

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

歓喜の世界


  【歓喜の世界】

 「頑固」である必要などない

 「自由」に挑戦すべきだ

 なぜなら 人は年齢を重ねるごとに

 「魂」も硬くなってしまうからである ‥

 モラルある歓喜の情熱が 噴出すれば素晴らしい

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

至福


 【至福】

 「幸福」と「満足」とは違うもの

 やがて 時が流れ 過ぎれば

 すべては「美学」という世界の中へ

 納まるだろうけれど ‥

entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world