東京の街には豆を並べて売る豆屋さんがけっこうあったが、今は築地場外以外ではあまり見かけない。
蚕豆の季節が終わると、枝豆が出てくる。十三夜の豆名月の頃まで、枝豆が食べれる。そのあとは大豆となり、昆布と一緒に煮豆にする。大豆を粉にひけば黄粉。お餅は海苔をまいた磯辺巻きが好きだが、たまには黄粉の安倍川餅が食べたくなる。節分の豆まきで炒った大豆を食べる頃には、そこはかとなく春の気配がしてくる。節分の豆は年の数だけ食べるものだと教えられた。
今年ももうすぐ枝豆の季節だ。
近所のスーパーで玩具...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

カボス泥棒
世間ではリンゴやブドウなど収穫を迎えた果物を盗むという不届きな心を持った輩が出始めたとか???

昨日神戸にいる従妹から電話があった。
彼女は福岡生まれなのだが、、、そして実家もあるのだが両親・姉を亡くし親戚もあまり多くはない。
そんな彼女も定年を迎えたが神戸で暮らし、実家は知り合いに頼んで時々家の様子を見てもらっていた。
実家には亡き父親が植えたカボスの木が1本あり、知り合いが丁寧に手入れ...[続きを読む]
entry from
サイト名 : mikiharb

「政治は言葉のアートだ」と言ったのは、コラムニストの故天野祐吉さんだったか。
きのう首相に就任した菅義偉さんの言葉は芸術からは遠いが、アートには技巧の意味もある。官房長官時代、批判を受けるたびに決まり文句を操っていた。
「ご指摘はあたらない」「全く問題ない」との言葉はこれ以上話す気はないというサインで、様々な場面で便利に使っていた。「粛々と進める」は主に沖縄・辺野古への米軍基地移設の話で用いられた。
強い反対にもかかわらず始まった辺野古の埋め立て工事は、軟弱地盤も密か...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

代謝をアップ、ウォーキングで脂肪燃焼。
代謝を高めるために大事なことは、ウォーキングなどの有酸素運動です。読者のみなさんの中にも、歩いている方が大勢いらっしやるでしよう。筋トレで基礎代謝量を上げ、さらに有酸素運動で脂肪を燃やすことで、健康で美しく、疲れにくい体をつくることができる。
ウオーキングは、肥満の解消になるほか、心肺機能が高まり持久力が増す。
▽毛細血管が増え、血流がよくなる。
▽動脈をやわらかくして動脈硬化を防ぐ---
...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

腑抜けになったよう???
15日の午後から一人で田舎へ帰る。
息子は16日に面接を受けるらしい。

16日実家の風呂釜のタイマー交換をお願いしていたのでガス屋に確認して帰った。
秋雨前線が張り出しており、農作業は無理かもしれないと思いながら帰る。
16日、ガス屋さんは朝一で来てくれた、雨は夜中に降り朝のうちは止んでいた。
田舎の山道は軽トラックでも登るのが大変なこと、申し訳なくなるほどだが、、、。
バーナー式の風呂釜...[続きを読む]
entry from
サイト名 : mikiharb

抱き合わせ販売が成り立つのは、我慢して買う人がいるからだ。
過去の例でいうと、人気だった「機動戦士ガンダム」のプラモデルを売ってもらう条件として、他の売れないおもちゃも買うように言われたという話がある。
1980年代のガンダムブームの頃、つけこまれいしまった子もいたか。きょあで終わる安倍政権を振り返ると、こちらも抱き合わせ販売を狙っていたに違いない。みなが求める景気対策と、自分がずっとやりたかった憲法改正のセットである。
結果として作戦は失敗したが、...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

消費者物価指数
8月の消費者物価指数は、生鮮食品を除く指数が前年の同じ月より0.4%低い101.3だった。
下落は3カ月ぶり。

紙面より
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

たとえおもちゃであっても、公園で銃を振り回すのは感心できるこてとではない。
しかし、それを理由にすぐさま射殺されるような行為かというと、絶対に違う2014年に米国オハイオ州で黒人少年の身に起きたのは、そういうことだ。
男が銃を人に向けているという通報を受け、警察が駆けつけた。その瞬間をとらえた動画を見ると、パトカーから警官が降り、2秒後には発砲している。12歳のタミル・ライスさんは銃弾を浴び、翌日亡くなった。
「撃った。黒人の男だ。20歳ぐらい。拳銃を持っていた」な...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

モンキーパーク
お猿さんがいっぱいでした。

久しぶりに京都の嵐山にある岩田山モンキーパークに行きました。

若い時に行っていらいですね、久しぶりに行ったら上まで遠い遠い・・こんなに登ったっけでした。

外国人観光客に人気だったそうですが、外国人は少なくなりましたが、家族連れやカップルがわりと来てました。

子供の頃に行ってお猿に泣かされた記憶があり、お猿は、やはり怖いので離れて写真だけ撮ってましたが、木...[続きを読む]
entry from
日記名 : 覚え書き
サイト名 : sirayuki

想定外
「痛勤日本」から通勤客がごっそり減るとは。
JR、東も西も赤字に転落。

素粒子より
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

作家の川端康成は色々エピソードをお持ちの方のようで、あのぎょろりとした目で泥棒を撃退したことがあるらしい。
吉行淳之介が「川端康成伝断片」というエッセーで紹介した話で、川端が寝ている部屋に泥棒が忍び込んできた。
泥棒はコートの内ポケットを探りつつ、まだ眠りについていなかった川端とふと目があった。その瞬間、「だめですか」と言うなり、逃げ出したという。たしかに川端の容貌は、写真で見ただけでも視線の力を感じる。
泥棒を寄せ付けないような厳しい目は、この仕組みには存在しなかったか。NTTドコモの電子決済サ...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

新内閣
人呼んで「安倍さん、お世話になりました内閣」。
実弟・岸氏も入閣。
恩義にあつい苦労人ぶりを演出した菅氏。

 素粒子より
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

海外ミステリー史上もっとも有名な被害者がいる。
1926年刊行の『アクロイド殺し』に登場する英国人男性ロジャー・アクロイド。その鮮やかなトリックはいまも輝く。
東京都三鷹市に住む数藤康雄さんは大学院生のとき、その名作で使われている機器に納得がいかなかった。思い切って作者であるアガサ・クリスティー本人に手紙で問い合わせる。まさかの返信が届いたのは1カ月後、文通が始まった。
6年後、会社員になった数藤さんに作家から招待状が届く。キツネにつまま...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

新総裁
お友達に便宜を、ひれ伏す官僚には昇進を。
批判には「こんな人たち」と攻撃を。
「みっともない」憲法。
改正を「私自身の手で」と。
功名心見え見えの下心改憲論。

 素粒子より
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

夫婦で表裏1枚という名刺を初めていただいた。長野県諏訪市の酒蔵「本金」の宮坂恒太朗さん、ちとせさん。
小さな蔵を切り盛りするふたりだが、夫の病が進み、妻が常に寄り添うようになった。
全身の筋肉が衰える難病、筋萎縮性側索硬化症を発症したのは、恒太朗さんが31歳のとき。おはしが急に重く感じられ、ビンのふたが開けられなくなった。
江戸中期から続く蔵元で、杜氏として抜群の酒をつくると意気込んでいた。日本酒の展示会で、酒を飲んでいなかったにもかかわらず「飲んで仕事をするな」とお客さんに叱られる。いつの...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

寒くなると
寒くなると何故か寂しい気持ちになる。
暑いのが好きでも、夏が好きでもない。
逆に嫌いだ。
だが秋はもっと好きになれない。
何故だろう?

仕方ないのでこれからお正月を楽しみに元気を出そう。
entry from
日記名 : 日記 / コラム
サイト名 : jasmine

敬老の祝い???
1昨日、町内会長がやってきた。
市からお祝い品を届けにと、、、。
悲しいかな?mikiharbも敬老のお祝い品をいただく身分になりましたよ(ノ∀≦*)キャハッッ♪
母の年をはるかに越えてしまいました。

よくぞここまで頑張ったと自分を褒めてやらねば♪
entry from
サイト名 : mikiharb

大悲閣千光寺
京都の嵐山にある大悲閣千光寺さんへお参りして来ました。

大悲閣さんは、嵐山から保津川沿いにかなり歩いた所にある山寺です。

角倉了以に所縁のお寺で、嵐山から距離はあるものの絶景が楽しめると外国人観光客などに人気のお寺でした。

外国人観光客がいなくなって他に人は来ないだろうと思ってたら、他にも来られてる方々がおられて驚きました。

山の上のお寺なので深緑がきれいで気持ち良いですね。

ご...[続きを読む]
entry from
日記名 : 覚え書き
サイト名 : sirayuki

漁夫の利か
菅官房長官が自民党の総裁選で圧倒的多数で選ばれた。
二階幹事長は今回の総裁選の恩人なので人事で外すわけにはゆかないだろう。
こんな出来レースの総裁選なんかやっても意味がない。
entry from
日記名 : kadoma1428's diary

新型コロナウイルスへの対処「8割減」の根拠は
数学の等比数列は分かりやすく言えば、ネズミ算だ。米国のドラマ『ナンバーズ 天才数学者が1枚の紙を手に取って刑事を驚かす場面がある。
「紙を2回折ると、4倍の厚さになる。もし50回折ればどの程度の厚さになると思う?」。男性刑事が答える。「数十㌢かな」。女性刑事が答える。「いいえ、ビル並みよ」。どちらもはるかに違った。「太陽まで届く。50回は折れないけどね」。
紙を折る作業を人と人との接触に置き...[続きを読む]
entry from
日記名 : kadoma1428's diary